耐震構造

建物が倒壊しないように、筋交いなどが入った耐力壁で揺れに対抗する構造が一般的で、その他には、部材を金物で固定して補強したり、2×4のように「面」で支える工法など、企業によって様々な耐震構造を採用しています。

jishin

そもそも、耐震基準には「旧耐震基準」と「新耐震基準」があり、現代では新耐震基準をクリアしていることが一定の耐震能力を備えているという目安になっています。
まず、家を建てるには予め守らなければならない一定の基準があります。それを定めた法律が“建築基準法”で、1950年に制定されました。
建築基準法の中には耐震性に関する基準があります。
建築基準法は1948年に法制化され、その後、1964年の新潟地震や1978年の宮城県沖地震など、大地震が発生する度に改正されています。
1981年に大幅な改正が行われ、この年の改正以前を旧耐震基準、以降を新耐震基準と呼んでいます。

新耐震基準においては建物の強度に関して次のような基準があります。

・震度6強から7に達する大規模地震で倒壊・崩壊しないこと
・震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないこと

こうした新・旧の耐震基準の差は阪神・淡路大震災で発生した住宅被害の差として、はっきりと表れています。

・死者数の大部分が建物等の倒壊が原因
・現在の耐震基準を満たさない昭和56年(1981年)以前の建物に被害が集中
※国土交通省の「阪神・淡路大震災による建築物等に係る被害」より抜粋

また、記憶に新しい熊本地震でも同様に新・旧の耐震基準の差は表れています。
震度7を2回観測するなど最も被害の大きかった益城町中心部では、


・旧耐震基準による建物702棟のうち225棟が倒壊(32.1%)
・新耐震基準による建物1042棟のうち80棟が倒壊(7.6%)
※国土交通省国土技術政策総合研究所「益城町の悉皆調査に基づく構造別・建築時期別の建築物被害状況の集計」より抜粋

耐震等級

現在の住宅は、建物の強さを表す指標として品確法の「住宅の性能表示制度」において3つの等級に分類することができます。

等級1・・・建築基準法の範囲内/数百年に一度程度発生する地震力に対して倒壊・崩壊などしない程度
等級2・・・建築基準法の1.25倍の強さ/数百年に一度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊などしない程度
等級3・・・建築基準法の1.5倍の強さ/数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊などしない程度

toukyu

◎耐震等級はどうやって決まるの・・・?

階数が2階以下の木造住宅で、住宅性能表示での耐震等級を判定するにあたり、構造計算を行わない場合は、複数(6項目)の基準に適合していることが要求されます。
例えば、耐震等級1の場合は下記①の項目のみ(建築基準法レベル)の適合でよく、その他5項目は対象外となります。
①建築基準法での、必要壁量以上の存在壁量を設けること。
各等級共通で、建築基準法施行令46条による、地震力 若しくは風圧力の不利側の必要壁量以上の存在壁量を設けることが要求されます。

その他の条件をクリアするためには、「基準値を満たす【耐力壁】を多く設ける」などする必要があります。

jishin tsuyoi

尚、耐震が「地震の揺れによって住宅が倒壊や崩壊しないよう揺れに抵抗する構造」で地震に対して備える方法ですが、 制震という「建物が受けた地震の揺れエネルギーを吸収する装置を建物内へ設置し、揺れを軽減する」という方法もあります。

制震についてはこちら

ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)とは、省エネと創エネを組み合わせて、住宅のエネルギー消費量を±0にする次世代の家のことです。光熱費無料はもちろん、売電による月50万円の収入も夢ではありません。

ZEHには国の補助金が交付されます

新しく家を建てる方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。
この補助金を受けるには、政府が認定したZEHビルダー登録事業者から申請を行いゼロエネルギーハウスとして認定される必要があります。
またこの補助金は、政策目標の達成のための施策でありますので、ZEHの普及とともになくなることが予測されています。


※2017年度の金額です。


高断熱外皮と省エネ設備の組合せが暮らしの価値を高めます。

  • ・家じゅうが断熱施工によって「夏涼しく」「冬暖かい」快適空間に。
  • ・断熱と省エネを組み合わせることにより、少ないエネルギーで快適性を確保。
  • ・冷房・暖房、給湯などの温度設定を控えめにしても快適。
  • ・気密性も高くなるので温度ムラが発生しづらい。
  • ・小規模な太陽光発電による創エネルギー量でもゼロ・エネルギー達成が可能。

ZEH事業計画への当社の取り組み

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページに公表し、また広告や見学会などで ZEH 登録業者であることの PR を行う。ZEH 仕様の新築住宅見学会を開催しお客様にこれからの住宅における省エネ設備などの必要性を説明する。同時に地域社会に向けての普及活動に努めます。

2. ZEHのコストダウンに向けた具体策

一戸でも多くの ZEH 取り組みを推進するとともに、ZEH の仕様を標準化することで、材料の無駄を省く事はもちろんのこと、年内の仕様数量を増しメーカーへのコストダウンを図るよう努めていきます。

3. その他の取り組みなど

ZEH 関連の省エネ勉強会などに積極的に参加をし、自社職人や関連業者に向けての ZEH 勉強会を定期的に開催し、全ての業者に普及承知ができるよう取り組みます。

2020年度までのZEH普及目標の設定

ZEH実績報告及び今年度から2020年度までの新築戸建住宅におけるZEH普及目標を設定しましたのでお知らせいたします。

2016年度 0%
2017年度 10%
2018年度 20%
2019年度 30%
2020年度 50%

経営理念

keieirinen 1000

代表メッセージ

 

2014年、まもなく終わろうとしていますが1年って本当に早いものですね。振り返ってみると私にとっての2014年も

大変忙しく慌ただしい日々を送ることになってしまいました。

仕事に趣味に、また世の中の変化に置いて行かれまいといろんな情報収集や、新しい事への取り組みの勉強会等々の出張や出事で

プライベートでゆっくりする時間はほとんど取れない年でありました。

家族からは少しブーイングの声も出るほどでした。私の一番の反省点です。

もういい歳になったので仕事、趣味、お付き合い、家族、プライベートのバランスを考えた行動を取らなければいかんなぁとつくづく考えているこの師走です。

ただ良かったのは体調だけは非常に良好な事です。自分の体調管理には少し気を使ったのでこれは少し自分を褒めてあげていいかなと思っております。

 

2014年、私共エイトでは一番心配していた消費税増税駆け込み後の大きな落ち込みもなく何とか無事終えることが出来そうです。

これもひとえにお客様、社員、協力業者様、地域のいろんな方々のお陰だと本当に感謝の気持ちで一杯です。

まだまだ弊社には反省点やいろんな課題はありますが、一つずつ改善、改良に取り組みこれからももっともっと地域の皆様のお役に立てる会社づくりをしてまいります。

来年も変わらぬご愛顧とご指導を宜しくお願い致します。

 

関連リンク

 

go modelhouseエイトのモデルハウスでは、実際の建物や仕様などご覧頂けます。また、モデルハウスにはスタッフもおりますのでお気軽にご質問下さい。スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ちしております。