tab 01tab 02tab 03tab 04

s1

 

s2

s3

乾燥が最も大切と言われる木材ですが、「自然乾燥」は時間がかかり、乾燥途中で変形することも多く、ロスが多いため割高になります。また高熱で乾燥させる「機械乾燥」は、油やエキスが失われ、細胞が破壊されて木の本来の性能が失われてしまいます。そこで生まれたのが「音響熟成木材」。常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせて熟成乾燥させます。細胞が破壊されず、木材の持つ油分やエキスがそのまま残ることで保温・保水・防菌作用を持ち合わせ、時間とともに美しい艶も出てきます。

s4

 

s5

s10

伝統の技と高度な技術で作られた新しい壁材「幻の漆喰」は、自然素材だけを使用。接着剤や塗料に含まれる化学物質を強力に吸着する焼成カルシウムと、麻のスサや海藻を煮込んで作った糊を、カビを発生させない無菌水に混ぜ合わせ、光触媒の技術を利用して生成しました。これにより化学物質を吸着・分解してクリーンな空気を創り、半永久的に健やかな居住空間を保つことができます。

伝統の技と高度な技術で作られた新しい壁材「幻の漆喰」は、自然素材だけを使用。接着剤や塗料に含まれる化学物質を強力に吸着する焼成カルシウムと、麻のスサや海藻を煮込んで作った糊を、カビを発生させない無菌水に混ぜ合わせ、光触媒の技術を利用して生成しました。これにより化学物質を吸着・分解してクリーンな空気を創り、半永久的に健やかな居住空間を保つことができます。

s6

 

s7

s8

「うづくり」とは木材の表面を何度もこすることで年輪の凹凸を際立たせる加工のこと。フローリングの表面に立体感が生まれ、木の風合いを目と肌で味わうことができます。しかも「音響熟成木材」にうづくり加工を施すことで、さらに快適な住み心地を生みます。足裏に受ける刺激が心地よく、凹凸があるために滑りにくいため、お子さまからお年寄りまで、どなたも歩行がラクに感じられ、また、可視光線を吸収するために、目にもやさしく映ります。湿度も自然に調節してくれ、無塗装で冬は暖かく、夏はひんやりと快適な素足の暮らしが楽しめます。

s9

 

jitsurei