voice2

okyakusamanokoebanner

rIMG 0915 nakatsu-deco-yaba 2

中津市 E様邸 インターデコハウス
「イングリッシュバリエⅢ」

v

中津市 M様邸 インターデコハウス
「グリューネ」

v

中津市 N様邸 インターデコハウス
「タスカン」

v

 

 

2 beppu-eito ooita-deco-t

中津市 H様邸 エイトの家
「健康モデル」

v

別府市 O様邸 エイトの家

v

大分市 T様邸  インターデコハウス
「プロヴァンス」

v

家族の理想を叶えた 古き良き英国テイストの住まい

gaikan

ロートアイアンの門の先から元気な笑顔をのぞかせ迎えてくれたのは、

2歳になる衣舞(いぶ)ちゃん。大好きな杏奈ママと卓史パパの3人で暮らす、
引っ越したばかりの新築におじゃましてきました。杏奈ママの夢は薔薇が似合うお家に住むこと。そんな願いを叶えてくれたのがインターデコハウスでした。 

もともと家を建てるなら輸入住宅がいいと考えていたご夫婦。住宅会社選びもそれほど迷うことなく決まったそうです。ところが好みのヨーロッパデザインとひとくちで言ってもバリエーションに富んだインターデコハウスのデザイン。随分夫婦で話し合いを重ねたそうです。

そうして選んだタイプが「イングリッシュバリエⅢ」。重厚感のあるレンガ造りの外観やロートアイアンをアクセントに効かせたトラディショナルな英国テイストのお宅です。なるほど、薔薇の花が咲き誇るイメージとピッタリきます。

 

 

 

 

 

 

時を経ても飽きのこないイギリスの上質を形に

living

アンティーク調の玄関ドアを開けお家の中へ入ると、目に飛び込んできたのは正面の壁に設けられた大きめのニッチ。

思い出の品が飾られたニッチは、幸せに暮らす家族の象徴そのもののようです。玄関横には、ウォークインタイプの収納スペースがあり、衣舞ちゃんの外遊び用のおもちゃやバーベキューセットなど、外で使うものが出し入れしやすいよう工夫されています。玄関ホールを抜けると広々と気持ちの良いLDKへと。まず目に留まったのは、料理好きの杏奈ママがこだわったオープンキッチン。ダイニングテーブルと一体化したキッチンは、お料理スペースとしても機能的。

サイドにあしらわれた鮮やかなモザイクタイルの模様が可愛らしく、食事の時間をぐっと楽しませてくれそうです。「作り付けの収納スペースが多くて、キッチンにも大きな家具を置く必要がないんですよ。」と杏奈ママ。大きめのパントリーと食器棚があるので、食材のストックや食器の収容も余裕。目に付く場所に物を置かずに済むので、キッチン全体が広々と、すっきりとした印象です。

 やわらかな陽光が差し込む明るいリビングは、衣舞ちゃんの遊び場でもあり家族の憩いの空間。

 

sample bar

   
150

こだわりのアイアン手摺りや英国伝統の風見鶏

ロートアイアンのカーテンレールや飾り棚、作り付けのテレビ台がお部屋に統一感をもたらし、まるでヨーロッパのホテルを思わせます。「階段がね、かわいいよ!」と衣舞ちゃんが教えてくれた2階へと続くリビング階段の手すりもロートアイアンで、ぐっと重厚感のあるインテリアに仕上がっています。そんなこだわりのロートアイアンは屋根の上にも。それは卓史パパ、たっての希望でつけた風見鶏のこと。ヨーロッパでは魔除け・守り神としての意味もあるらしく、卓史パパは、インターデコハウスの担当者に頼み込んで屋根に上り、自分でこの風見鶏を取り付けたそうです。

 

rIMG 0915

実は、2人がインターデコハウスを選んだ理由は、この担当者の対応も大きかったようです。

土地探しから始めた家づくり。わからないことや不安もたくさんあった中で「その都度、親身になって話を聞いてくれて、きちんと納得のいく対応をしてくれる。これから長く暮らす家をお任せするわけだから、担当の方への信頼が決め手となりました」と語ります。 

お庭には、杏奈ママが大好きだという、つる薔薇の苗が。「これから苗を植えて育てていく予定です。ガーデニングを楽しみながら、パパ念願のバーベキューもしたいです」と杏奈ママの夢は広がります。好きなものに囲まれて過ごす、理想の暮らしが誕生しています。

暮らしをおしゃれにコーディネートイキイキと輝くヨーロッパスタイル

rIM

爽やかなオフホワイトの外観に、玄関の横からのぞく可愛い丸窓。

思わず足を止めて眺めたくなるその住まいは、昨年7月に完成した恵子ママの新しいマイホームです。

 恵子ママファミリーは、健太郎パパと6歳になる大翔(はると)くん、3歳の悠翔(ゆうと)くんの4人家族。

お子さんが小学校に入学するまでには落ち着いた環境を整えてあげたかったという健太郎パパと恵子ママがマイホームに選んだのは、インターデコハウスの『グリューネ』。

北欧スタイルのオシャレなデザインと自然素材にこだわった住まいにひと目ぼれだったのだそう。「男の子ふたりの家だからちょっと可愛いかなと思ったんだけど、パパもすごく気に入って。

子どもたちもキレイなおうちが嬉しいみたい」と笑う恵子ママ。そして始まった恵子ママファミリーの新しい暮らしは、インターデコハウスならではの華やかさと快適さに包まれてイキイキと輝いていました。

 

お気に入りを選ぶ楽しみ

rIMG 0846

真っ白な玄関ドアを開くとまず目に止まるのは、アールの下がり壁がアクセントになったオープンなシューズコーナー。

“見える”ことできちんと並べられた家族の靴は、つねに玄関まわりを散らかさない“片付け上手”な収納のコツにもなっているようです。


 玄関ホールを上がれば、メインとなるリビング・ダイニングへ。

灯りをやさしく受けとめる塗り壁と肌ざわりのいいパインの床が広がるLDは、家族がゆっくりリラックスできる空間に。

さらに、ご両親が気軽にお泊りできるよう洋風のスタイルにあわせた和室もプラスしました。

 

 

sample bar

2

こだわりのポイント1

「こっちだよ!」元気いっぱいの大翔くんと悠翔くんが案内してくれたのは、リビング階段を上がった子ども室。
 オモチャをいっぱいに広げたグリーンのクロスが可愛いお部屋は悠翔くんの、ブルーのクロスを使ったお部屋は大翔くんの部屋になる予定なのだとか。
 

5

こだわりのポイント2

作り付けの机を設けた階段ホールは、健太郎パパと恵子ママがリクエストした趣味のコーナーに。パパはパソコンを、ママはミシンを置いて、それぞれの時間を楽しんでいるそうです。

3

こだわりのポイント3

恵子ママのお気に入りは、カラフルなガラスタイルをカウンターに使った対面式キッチン。「前のアパートでは振り返らないと子どもたちの姿が見えなかったけど、いまはどこにいても目が届くし、お料理をしてても安心。階段下のパントリーもいっぱい収納できるから便利なんですよ」。またキッチン背面の引き戸を開けば、そのまま洗面・浴室へ。ひょいっと移動できる動線の短さも、家事をラクにするポイントのひとつです。

 

nakatsu-deco-yaba 「インターデコハウスの家づくりで驚いたのは、照明や家具、タイルやドアノブのひとつまで、たくさんのアイテムのなかから好きなモノが選べるということ。

迷ったらコーディネーターさんがアドバイスしてくれるし、とても頼りになりました」と恵子ママ。ママのセンスでコーディネートできるインテリアもインターデコハウスならではの魅力です。

 去年はご両親やお友だちをお招きして、お誕生日会やクリスマスパーティーを開いたという恵子ママファミリー。

おもてなししたくなるご自慢のマイホームは、ご家族やお友だちの笑顔が集まる住まいになっていました。

イタリアの風を運ぶ インターデコハウス タスカン

gaikan

緑が広がる田園風景をバックに、鮮やかなクリームイエローの塗り壁が目を引く陽子ママファミリーの新しい住まいは、昨年9月に完成したばかり。

笑顔の優しい毅パパと6歳になる拓飛(たくと)くん、4歳の莉緒(りお)ちゃん、1歳の葵(あおい)ちゃんが暮らす5人家族のマイホームです。
 陽子ママと毅パパがインターデコハウスと出会ったのは5年ほど前

。当時は北海道に住まれており、ママ友のおうちがインターデコハウスだったのだそう。

「オシャレで可愛くて、見たこともないようなデザインに『建てるなら絶対、この家がいい!』って、ふたりでひと目ぼれしたんですね(笑)。

もともと北海道の家は寒冷地仕様で暖かいんですが、インターデコハウスはそのなかでも群を抜いて暖かいのにもビックリしました」と毅パパ。

そして陽子ママの実家のある中津市に帰る予定だったこともあり、はるばる北海道から九州のエイトを紹介してもらうことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルですっきり 遊びごころがアクセント

43

 そんなふたりが選んだのは、新婚旅行で訪れたというイタリア・トスカーナ地方の邸宅をイメージした『タスカン』タイプ。

塗り壁仕上げの外観と玄関を囲む半円形のカバーポーチが印象的な地中海デザインは、ふたりの新鮮な気持ちまで思い出させてくれそうです。
 またヨーロッパのオシャレなスタイルはもちろん、照明やカーテン、アクセサリーなど、住まいのコンセプトにあわせた豊富なアイテムの中から好きな
モノを選び、自分らしい家づくりができるのもインターデコハウスの魅力。

「標準仕様なのにどれも可愛くて、あれこれ選んでもバランスよくコーディネートできるのが楽しかったです」と陽子ママも満足そう

。そんな陽子ママのセンスと遊びこころがあちこちに生かされた、シンプルで可愛い住まいが完成しています。

 

 

sample bar

65

こだわりのポイント1

まずは生活の中心となるLDKへ。大きく窓を開き、光と風をたっぷり取り込む白を基調としたリビングには、家族5人がゆっくり寛ぐソファを配置。木目を生かした浮づくりの床が素足で歩く心地よさを生んでいます。
 

12

こだわりのポイント2

また陽子ママがこだわったのは、お子さんたちがどこにいてもひと目でわかる見通しのいい対面式キッチン。アールの下がり壁がリビング・ダイニングをゆるやかに仕切り、キッチンとダイニングの床を分けるカラフルなモザイクタイルが、空間にメリハリのある住まいを作っています。

45

こだわりのポイント3

さらにダイニングを挟んだ正面には、楽しそうな声をあげて遊ぶお子さんたちのプレイルームが展開。引き込み式の扉を閉めればゲストルームとしても使える柔軟な間取りです。
 そして木のぬくもりに包まれた階段を上がると2階へ。雰囲気をガラリと変えるシックなクロスを使ったパソコンルームは、毅パパと陽子ママが共有するお気に入りの書斎です。またベビーピンクのクロスがふんわりやさしい寝室は、将来2つの子ども室にもできるよう2ドアを設けました。

 

2「中津へ帰ってきてからはエイトさんの開く住宅展示会があるたびいろんなインターデコハウスを見て回って。

参考になるものが多すぎて、なかなか決められないのが困ったぐらいなんです」と笑う陽子ママ。

これからは家のそとを飾るガーデニングを楽しみたいという陽子ママ。しっかりと根をおろした陽子ママファミリーの住まいに、

健やかな家族の暮らしがすくすくと育ちはじめています。

家中に木の香りが漂う 大屋根が印象的なモダン和風

002

 通りから長いアプローチを歩いていくと、田畑に囲まれるように突然、目の前に現れる大きな家。

住宅密集地にありながら開けた場所に立つH邸は、黒瓦の大屋根とぐるりと巡らせた軒が個性的な住まいです。
 玄関戸を開けると、横長の玄関の右手には広い趣味を楽しむ男の部屋があり、

左側の大きな窓からはウッドデッキが見えます。

さらに戸を開けると、大きな吹き抜けのリビング。
玄関ホールのない開放的な住まいは、住宅というよりも余暇を過ごすために建てられた山荘のよう。

リビングの隅に置かれた薪ストーブが、さらにその雰囲気を高めています。

1階はリビングを中心に和室とDKという間取り。吹き抜けのリビングは、屋根の傾斜を利用して杉梁を連続的に並べた天井空間がダイナミックです。

 

 

 

 

家族の想いが詰まった吹抜けのリビング

003

「木の家が好きで、和にモダンを入れたウッドハウスのような一般住宅にしたかった」

と奥様がおっしゃるように、隅々まで天然木に包まれた大きな空間。

エイトの住宅展示場を観てご主人が気に入ったとおっしゃる浮づくりのフローリングが、1階から2階まで続いています。

年輪の凹凸を活かした無塗装の38ミリ厚の床は、歩くたびに足裏に心地よい感触です。

梁や柱、床材は、木材の中でも調湿性や防菌性、保温性などに優れた

„音響熟成木材„

を用い、快適な住空間を作り出します。 

sample bar

4545

こだわりのポイント1

キッチンと2階の一部を除いた壁はいろんな化学物質を吸着分解させる
„幻の漆喰„
。無垢の天井やフローリング、コテ跡を残した白い漆喰壁に自然のダイナミズムが感じられます。

006

こだわりのポイント2

「広い階段と高い天井の家を希望しました。あとは本が多いので大きな本棚が欲しかった」と奥様。

その希望を叶えるためにリビングから続くオープンな階段の上に、ファミリースペースを配置。

リビングに面して長いカウンターを設け、壁いっぱいに大容量の本棚を造り付けています。

150

こだわりのポイント3

オープンな独立型のキッチンはL型のカウンターキッチンを採用し、ガスオーブンを備えた本格派のシステムキッチンにするなどご夫婦のこだわりが随所に活きています

紺碧の空と海に映える 丘の上の瀟洒な邸宅

001

高台の分譲地に立つO様邸は、空と海を背景にまばゆいほどに輝く存在感を放っています。アイボリーの壁とオレンジ色の瓦、アイアンの門扉、白壁で一体化されたカーポート…。

地中海のリゾート地にも溶け込むような住まいは、そのすべてが完璧な佇まいを見せています。

 アールの門をくぐって玄関の扉を開けると、目に飛び込んでくるのは窓の先に広がる海の風景。まるで、一服の小さな絵画を観ているかのようです。

住まいの奥へと歩みを進めると、高い天井がゆったりとしたLDK。オープンに設計された開口部から明るい陽光がたっぷりと注がれ、バルコニーから爽やかな風が吹いてきます。「気持ちいいでしょう。お天気の良い日は四国まで見えるんですよ。毎日、海の表情が違うので見飽きることがないですね」とご夫婦。丘の突端に立つ住まいからは、穏やかな空の下、別府湾の大海原と水面に白線を描いて行き交う小船、パームツリーの美しい並木と国道を走る車の波が見渡せ、絶景以外の何ものでもありません。

海に向かってなだらかに傾斜した土地に立つ2階建ての住まいは、地上階に玄関とLDK、下の階に寝室と和室、浴室という間取り。

家のどこにいても大きな空と海を望むことができる住まいは、スイス漆喰の白壁と浮づくりのフローリングをベースに、玄関や廊下、リビングの出窓、DKの床はテラコッタ敷きに。また、浴室は24時間掛け流しの温泉。壁いっぱいの大きな窓から海を眺めながらゆったりと温泉に浸かることができます。 

白壁とブラウン系の床を基調にした空間に、奥様がコーディネートしたインテリアが調和する大塚邸。空間に合わせて選び抜いたエレガントな家具やアンティーク調の照明、アイアンの手摺など隅々にまでこだわりと遊び心の感じられる住まいになっています。

 

第2の人生にふさわしい「海と温泉のある」家族の想いが詰まった吹抜けのリビング

005

大塚邸は、夫婦2人と愛犬2匹が暮らす第2の人生を楽しみながら過ごすための家。

東京ではマンション暮らしだったご夫婦が、次なるステージに思い描いたのは「海と温泉のある暮らし」でした

。その希望を叶えようとご主人のご出身である杵築や別府周辺を見て回り、気に入ったのがこの土地。当初は分譲されていなかったという300坪の土地は、草が生い茂る傾斜地でした。

しかし、将来的にも前面に家が立つことはなく、素晴らしい眺望が一生涯手に入る絶好の場所。迷いなくこの土地を入手し、さっそく家づくりに取りかかったそうです。 

ご夫婦が住まいに希望されたのは、「インターデコハウスのテイストにセルコホームの機能性を合わせた可愛らしく温かみのある家」。その思いと立地を想定し、担当者が導きだしたテーマは„地中海にあるような白壁をイメージした明るくオープンな家„でした。

そのテーマ通りに、お部屋の中から窓の外に広がる風景を眺めていると、まるで異国の海辺の町にいるような心地になります。 

将来、エレベーターを設置できるよう工夫したり、「寒いのが苦手」とおっしゃる奥様は全館空調システムを採用。簡単な操作ひとつで室内温度から空調までコントロールでき、部屋ごとの寒暖差のない快適な住環境を実現しています。

 

sample bar

003

こだわりのポイント1

トイレと浴室以外は戸や扉を付けず、すべてアール壁でつないだオープンで開放的な空間です。エンタシスが並ぶテラス、カラフルなタイルを効果的に取り入れた間仕切りや洗面所など、南ヨーロッパの海辺にある陽気な住まいを彷彿とさせます。 キッチンは、風景を眺めながら料理ができるよう窓に添ったI型のシステムキッチンとアイランド型のクッキングスタンドを採用。クッキングスタンドは、お買い物や料理のレシピを検索するためのパソコンを置いても十分な広さで、使い勝手の良いレイアウトです。

   
004

こだわりのポイント2

朝は海を眺めながらリビングの窓辺のソファに座ってモーニングコーヒーを飲み、午後は温かい陽光の中で読書をしながらうたた寝。お天気の良い日は釣りに出かけ、1日の終わりには掛け流しの温泉に浸かる…。空と海と山に包まれたこの場所で、今日も仲睦まじくリゾートライフを満喫していることでしょう。

 

beppu-eito このロケーションにふさわしい輸入住宅を建てようと、東京近辺の住宅展示場をくまなく見て回ったとおっしゃるご夫婦。

今後のメンテナンスを考えて地元の会社を見つけたいと、インターネットで出会ったのがエイトでした。

数々の実績を観て「ここなら間違いない」とすぐに連絡。東京に居ながらにして家づくりが始まりました。

地震や災害に強い2×6のセルコホームの構造、インターデコハウスの可愛らしいデザイン、

エイトの家の健康仕様とそれぞれの優れた部分を融合したエイトの集大成ともいうべきO様邸。

塗り壁と白タイルに包まれたご夫婦のこだわりが活きる家

001

10年以上もの間、足繁く住宅展示場や内覧会へ足を運び、様々な住まいを見学したというTさんご夫婦。
 その中でご夫婦の心を捉えたのが、インターデコハウスでした。

切り妻屋根とアイボリーの外観に白タイルのフロアやカントリー調のキッチンを採用したプロヴァンス風の住まいには、随所にご夫婦のこだわりが活きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクの壁がアクセントになったキッチン

002

ご夫婦が一番に望まれたのは、ご自分たちのライフスタイルに合う間取りでした。

玄関を中心にリビングとDKを分離したことで、リビングはご家族の団らんだけでなく、お客様をもてなす客間としても機能しています。

さらにパウダールームと家事室を2階に設け、家族5人分の洗濯物が一気に片付きます。

「ピンクが好きなのでどこかに使いたかった」とおっしゃる奥様は、キッチンの壁に採用。

淡いピンク色が、白いフロアや白タイル張りのキッチン台に優しさを添えています。

またリビング階段とともに取り入れたのが、中2階にあるスタディースペース。勉強するお子さんの様子が、リビングから手に取るようにわかります。

 

sample bar

003

こだわりのポイント1

アイボリーの塗り壁とアイアンの手摺、ダークブラウンの屋根が落ち着きのあるT邸。
ステップから門扉、アールの玄関ポーチまで、まるで南仏にある住まいのよう。

004

こだわりのポイント2

アールの下がり壁やアイアンを多用し、外観から内観まで壁や天井はすべて塗り壁を採用しているT邸。
南仏の香りが漂う住まいづくりの中、インターデコに英国の伝統ブランド「ローラアシュレイ」をテーマにしたシリーズがあることから、ローラアシュレーの英国カントリーを意識した照明やカーテンなどのイン
テリアをセンス良く取り入れています。

   

ooita-deco-t 

「ドアがなくてオープンな造りなので、夏も冬もほとんどリビングのエアコン1台で快適。住み心地が良いです」とご夫婦。

独自の間取りと好みのインテリアに囲まれた住まいで、育ち盛りのお子さんたちも伸び伸びと過ごしているようでした。